藤沢市の整体院、藤沢中央カイロプラクティック。藤沢駅最寄。平塚市・茅ヶ崎市・鎌倉市・大和市からご来院される方多数!肩こりや腰痛にぜひ当院をご利用ください。

よくある質問 | アクセス

藤沢中央カイロプラクティック

Fujisawa Central Chiropractic

症例別対策例

股関節痛

40代男性

《症状》8年前の交通事故以来、右股関節の可動域が減少し階段の上りや脚立に乗るのに痛みを伴うようになる。歩幅を広げて歩けない。

《検査》股関節の可動域検査では外転(外側に開く)内転(内側に閉じる)動作は問題なく屈曲(モモを胸に近づける)動作では可動域が減少し屈曲45°でロック。      仙腸関節にもサブラクセーションがあり。

《施術》初回:仙腸関節矯正後に超音波にて大腿、殿部の筋肉を緩める。これにより可動域が90°まで回復したが、自力で股関節の屈曲が困難。                                 2回目:前回と同様の施術をし更にドロップテーブルにて股関節の矯正を行う。➡可動域100°まで改善。                                  3回目:股関節の屈曲可動域100°を超える。自動運動で90°まで屈曲可能。歩幅を広げての歩行も出来るようになる。

 

 

 

股関節の外転障害

《症状》出産後半年ほどして右の股関節に痛みが生じるようになり、特にをあぐらができなくなってしまった。

《検査》右側の股関節は左側に比べ可動域が4割ほど減少。

骨格のゆがみ等を検査した結果、恥骨のゆがみが原因であることが判明。

《施術》恥骨の矯正を初日に行い可動域が2割程度改善。

その後5回の施術でほぼ痛みは消失し可動域も改善しあぐらもかけるようになった。

 

 

 

突然起こったぎっくり腰からの回復事例

60代 女性

【状況】=======================================

椅子から立ち上がった際に

急に腰が痛くなり動けなくなった為、次の日に来院。

・咳やくしゃみで激痛が走る

・前かがみになれない

・熱感がある

【分析】=======================================

一般にぎっくり腰と言われているもので、

通常は2、3週間で痛みは解消される。

しかし、この症状の場合、再発を繰り返すことが多いので適切な処置が必要になる。

 

【施術とその後の経過】============================================

腹部の筋肉(筋膜)が緊張しているので

筋膜を弛緩させる施術と仙骨の矯正をし、

患部を氷でアイシングする。

これにより前屈45°まで出来るようになり、1回目の施術は終了。
3日後に来院した時には痛みが10→6になり、

骨盤部、腰椎を矯正した後アイシング。

負傷後1週間で痛みは10→2になり熱感も無くなったので、

 

さらに痛みの原因となっている部位(トリガーポイント)へアプローチし、痛みは10→1になる。

 

今回のケースの様に炎症反応がある場合は早期のアイシングが治癒を早める。

出産後の激しい腰痛からの回復事例

Y.Hさん 30代女性 デパート店員

【状況】===========================

出産後から腰痛が強くなり

仰向けで寝れない状態が2か月程続き寝返りが困難となり来院。

・前屈時に腰部から臀部にかけて鈍痛

・朝、靴下を履く動作がきつい

・ハイヒールで痛み強くなる

・電車で長時間立つのが辛い

 

【分析】=================================

出産による影響で仙腸関節に異常をきたし、

そのため仙腸関節周辺の組織が緊張し痛みを発していた

と考えられる。

 

【施術とその後の経過】===================================================

 

1回目の施術:仙腸関節の調整と臀部のトリガーポイントにアプローチ。

この施術で夜間の痛みは半減。

その後4回の施術で日常生活での痛みは完全に消失し治療は終了。

慢性腰痛の回復事例

Y.Tさん 30代 男性 美容師

【状況】===============================

・朝はほとんど痛みがないが、夕方頃から左腰部から左臀部に掛けて痛みが強くなる。

・左足重心で仕事をする事が多い

・仕事を終えるころには特に体を右側へ曲げると痛みが増す

・身体を後方に反ると辛い

・時々左臀部から下肢にかけてしびれ感が出る

【分析】============================================

・疲労性の腰痛ではあるが、腰部の筋肉(腰方形筋)の短縮、左臀部筋(中殿筋)の硬直が強く、

筋膜を刺激し痛みが出ていると考えられる。
【施術とその後の経過】===================================

矯正前に患部のマッサージと筋膜リリースを行った後に腰部、骨盤の矯正を行う。

ここまでの施術で痛みは10→7。

1週間後前回の施術内容に加えトリガーポイントへアプローチし、

痛みは10→4になった。

 

さらに今回のケースの場合仕事の姿勢が影響しているので

自宅での運動療法を指導し、月1回の施術を行い、

 

初診から現在(6ヶ月目)痛みは0から3をキープしている。

頚椎ヘルニアと診断された背中から前腕の痛みからの回復事例

【状況】=======================================

・3か月ほど前から右側の背中から前腕に掛けて痛みが出るようになる。

・痛みも次第に強くなり夜中に何度も目が覚めてしまう。

・整形外科を受診し頚椎ヘルニアと診断。

・鎮痛薬を服用するようになり症状は緩和したが、服用を止めると再発してしまう。

 

【分析】=================================

・頸部の前屈時に右背部に痛みが出現。

・頸部の左側屈時に腕に痛みが出る。

・右側を下にして横になると腕全体に強い痛みが出てしまう。

・常に背部から腕に掛けて鈍痛。

・頸部から背部に掛けての筋緊張が強い

以下のような原因が考えられる

① 頚部から背部にかけての筋群の緊張が強くそれが引き金となって発症

② 頚椎ヘルニア

③ 心因性

④ 血流障害

⑤ 神経線維の滑走障害

 

【施術とその後の経過】====================================

 

初回:頚部から背部に掛けての筋緊張を取り除くために頚椎・胸椎の可動域を改善し、トリガーポイントへアプローチ。

結果、頚椎、胸椎の可動域が改善され、症状は半減。

 

2回目:前回と同様の施術を行い。症状は10→5となる。

 

3回目:痛み10→3

正座ができないほどの膝の痛みからの回復事例

M.Hさん 30代 女性 主婦

【状況】================================================================

・2か月前から右膝内側に痛みが出て正坐が出来なくなる

・1か月ほど整体に通院

・椅子から立ち上がる時に痛みが出る

・階段が上れない

・膝の伸展では痛みは出ない

・最近腰痛も発症

【分析】================================================================

・膝関節周辺の靭帯には異常は無く、

膝関節の内側にある筋(内側広筋)の硬結が原因し

膝関節の生理的な動きを妨げ痛みを発しているものと考えられる。

・膝関節周辺の筋群の異常は腰椎の回旋異常が原因となることが多く、

今回の場合も腰椎の右回旋制限があり、再発を防ぐためにも腰椎の可動域を改善する必要がある。

【施術とその後の経過】===================================================

初回:膝関節内側の筋肉を緩め骨盤、腰椎、膝関節の矯正を行っい

、椅子から立ち上がる際の痛みが消失した。

2回目から5回目:初回と同様の施術を行い正坐が出来るようになる。

8回目:痛みはあるものの階段が上れるようになる。

その後1か月で症状は消失。

背中(肩甲骨内側)の痛み

Y.Kさん 40代 男性 事務職

【状況】================================================================

・半年前より右肩甲骨内側に痛みがあり、夜眠れない。

・整形外科、整体などにも通院したが改善しない

・動いている時には気にならないが、ディスクワーク時や布団に入った時痛みを感じる。

・首を前屈すると痛みが強くなる。

・寝返りが辛い

【分析】================================================================

・1年ほど前に発症した肩関節周囲炎(四十肩)を発症

・常に背中の痛みに意識がいってしまい過敏症になっている。

・肩甲骨の可動域が減少し肩甲骨内側にある菱形筋への血流が不足し痛みを起こしているものと考えられる。

【施術とその後の経過】===================================================

初回:肩甲骨の可動域を改善するために胸椎の矯正を行った後、肩甲骨周辺の筋肉を弛緩させる。自発痛10→8。さらに肩甲骨内側の筋肉(菱形筋)のトリガーポイントにアプローチし自発痛10→6となる。

2回目(初診から2日後):自発痛10→7で来院。前回と同様の施術を行い自発痛み10→4となる。

3回目(初診から5日後):自発痛10→6。背部の筋膜リリース後、自発痛10→3となる。

4回目(初診から1週間):自発痛10→6。昼間はあまり気にならなくなったが、夜布団に入ると気になる。
10回目(初診から1ヵ月):ほぼ痛みは無くなる。

背中に感じる鈍痛からの回復事例

Y.Iさん 30代 女性 立ち仕事

【状況】================================================================

・3、4か月前から仕事後に背中に鈍痛が生じ、整形外科を受診。

特に骨には異常なく、電気治療と温熱治療を1か月受けたが改善しない。

・最近痛みの出ることが多く睡眠不足となり来院。

【分析】================================================================

・猫背が強く胸椎の動きも悪い

・痛みの部位に筋硬結がありこれがトリガーポイントとなって痛みを引き起こしていると考えられる。

【施術とその後の経過】===================================================

初回:胸椎の関節がロックしている部位を矯正し、動きを改善。

トリガーポイントにアプローチし痛みは10→7に減少。

2回目(初診から5日後):痛み10→8で来院。前回と同様の施術を行い、痛みが10→5となる。

3回目(初診から12日後):自発痛10→6で来院。施術後痛みは消失。

4回目(初診から19日後):自発痛10→3で来院。痛みはあまり気にならなくなったが、疲れがたまると以前ほどではないが痛みが出る。
10回目(初診から1ヵ月):気になるのは1週間の内1,2回となる。

 

 

寝違えによる痛みからの回復事例

・1ヶ月前に寝違え自発痛は1週間位で治ったが、それ以来首を左に回すと痛みがでる。

・寝違いは年に数回あるが今回のように長引くことはなかった。

・慢性的な肩こりはある。

【分析】================================================================

・肩甲骨から首の骨に付着している筋肉(特に肩甲挙筋)が硬直し

首の回旋を妨げていたと考えられます。

【施術とその後の経過】===================================================

初回:肩甲挙筋を緩める操作を行い頚椎の2番を矯正。回旋時の痛み10→7に減少。

2回目(初診から2日):前回と同様の施術に加え胸椎の調整も行い痛み10→3となる。

3回目(初診から14日):痛み10→0